CXシリーズの特徴

CXシリーズ

洗練されたデザイン

液晶表示の標準化

信頼の獲得

e-サーキュレーション方式

フレッシュエアー20%と室内空気80%の割合で加熱し乾燥することで、従来よりもさらに安全且つ、燃料消費の少ない省エネ型の乾燥システムです。

従来の押しこみ方式と比較して…

※クリックで拡大します

  • 乾燥工程の排熱を最小限度に抑えることができ、燃料の消費量を削減できる
  • 室内風速が早いので、室内での温度差が出来にくい為、乾燥ムラが無く、仕上品質が向上する
  • 室温の上昇及び維持に必要な熱量を抑えることが出来る為、1ランク小型のバーナーで対応できる
  • 熱交換器を再設計することで、熱交換率の10%UPを実現しました。(当社比)
  • 新型熱交換器とe-サーキュレーション方式との最適化を計り、押し込み方式と比較して30%の省エネとなりました。(当社比)
  • 照明を系統分けし、必要に応じて、点灯/消灯が可能になりました。
  • お客様がご使用中の塗料に応じて、乾燥時の温度を2段階で設定(予備乾燥対応)できます。(CX07/CX11/CV07/CV11)

最先端のメカニズム

※下図の■にマウスをあてると詳細が表示されます

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • グレーチング
  • 給気ダンパー
  • シロッコファン
  • バッフル板
  • 循環フィルター
  • 循環ダンパー
  • バーナー
  • 床フィルター
  • 天井フィルター
  • 内圧調整ダンパー
  • 熱交換器
  • 排気フィルター
  • 給気一次フィルター